ランとアンスリウムの南国キャスケードブーケ

ウエディング

 

お花の組み合わせは、色合いや雰囲気の他に「質感」も大切だと思います。

画像は「南国の雰囲気」×「艶のあるみずみずしい質感」の花材達で王道のキャスケードブーケを御用意した時のものです。

白色が引き立つように、ごく少量のシャーベットグリーン色のアンスリウムを使用しています。
ウェディングドレスと調和しつつも同化しすぎないことを意識して。

 

スポンサーリンク

シチュエーション

リゾート会場での挙式用キャスケードブーケ

使用花材

シンビジューム(白)、デンファレ(白)、アンスリウム(2種・白、シャーベットグリーン)

作成時に気をつけたこと

南国系の花材でありながら、エレガントさを意識した花材選びとフォルム。
程よい薄緑色の量と、白と分離してしまわないための蕾使い。


*********************************************

↓ ランキングに参加中です ↓

↓ 押して頂けると励みになります! ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
*********************************************
タイトルとURLをコピーしました