レッドジンジャーを活かすメインテーブルとメインバック

ウエディング

 

近年は仲人をたてない挙式や披露宴も多く、その代わりという訳ではありませんが、メインテーブル装花の他にメインテーブルの後ろにもお花を設置することがありました。

出費は増えますが、華やかさがアップして写真映えもするので、後々見返した時にも良い印象になると思います。

レッドジンジャーやバンダなど、南国花材を多用することによって、お祝いムードも更にアップ!

 

スポンサーリンク

シチュエーション

リゾートホテルの宴会場での披露宴装花

使用花材

レッドジンジャー(赤)、モカラ(2種・ピンク、赤)、アランダ(赤)、アンスリウム(3種・緑、赤、ピンク)、バンダ(紫)、カークリコ(葉)、ポリポジウム(葉)、モンステラ(葉)、リキュウソウ(葉)

作成時に気をつけたこと

メインテーブルとメインバックのバランスを取るために、メインバックを気持ちコンパクトに仕上げて、ワイドな感じが出るように意識しました。


*********************************************

↓ ランキングに参加中です ↓

↓ 押して頂けると励みになります! ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
*********************************************
タイトルとURLをコピーしました