トルコキキョウの白を中心にチェアフラワーや受付花

ウエディング

 

トルコキキョウは、ウェディング装花において、本当によく使用したお花でした。

バラのような可憐さやエレガントさを持ちつつも、開ききってしまいにくいところや、価格においても全部をバラで装飾するよりは抑えやすかったと思います。

ただ、花首が折れやすい花なので、納品設置時には気を使い、必ず予備花材を多めに持参していました。

この装飾ではオルガンや受付花も御用意させて頂きました。

 

スポンサーリンク

シチュエーション

海の見える会場での挙式装花

使用花材

チェアフラワー:トルコキキョウ(八重咲き・白)、デンファレ(白)、ドラセナ(葉)、リビストニア(葉)、ハラン(葉)

オルガン装花・受付花(共通):トルコキキョウ(八重咲き・白)、デンファレ(白)、宿根スイトピー(白)、アスパラガス・スプレンゲリー(蔓葉)

作成時に気をつけたこと

それぞれ、ハランやスプレンゲリーの伸びやかさを損なわないようにアレンジ・設置に気をつけました。


*********************************************

↓ ランキングに参加中です ↓

↓ 押して頂けると励みになります! ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
*********************************************
タイトルとURLをコピーしました