リュウビンタイとツピタンサスのアイキャッチ

植物

 

個人のお宅の坪庭に設置したリュウビンタイとツピタンサス。

結構初期の頃の植栽だったと思います。

約20年前の当時、リュウビンタイは人気があり、取り扱いも多かったですが、屋外での栽培に適しているからか、晩年はあまりリクエストや取り扱いもなかった気がします。

風情のある植物なので、個人的には好きな植物です。

甲羅みたいな部分に水やりするのも楽しかったです。

 

シチュエーション

個人宅の坪庭部分両サイドにリュウビンタイ(台にのせてあります)と、ツピタンサスを設置

リュウビンタイ(Marattiaceae)

リュウビンタイ科 リュウビンタイ属

ツピタンサス(Schefflera pueckleri)

シェフレラ・ピュックレリ
ウコギ科 シェフレラ属

注意点

リュウビンタイは直射日光には弱いので、明るい日陰に設置し、用土が乾いたり、葉(茎)が下がり気味になったら、たっぷりと水やりする。葉も含めて全体にシャワーするのも効果的。

ツピタンサス(ツピダンサス)は環境に慣れるまでに落葉しても、再び葉が出てくるので、焦らず水をやりすぎずに様子を見る。


*********************************************

↓ ランキングに参加中です ↓

↓ 押して頂けると励みになります! ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
*********************************************
タイトルとURLをコピーしました