フリーセアやグロリオサの赤を効かせたアレンジ

花装飾

 

フリーセア、グロリオサ、どちらも入荷時の処理に少し手がかかったイメージのある花材です。

ただ、しっかりと手をかけてあげることで、花もちが長くなったり、お花の持つ色彩(赤)がハッキリと見えてくれるのは嬉しいことでした。

ジンジャーにも似ているけど、その平べったい感じはニワトリのトサカにも見えるフリーセア。

茎の周りを剥きとる時の、ヌメっとした感触は、今でもハッキリ思い出せます。

自然のものならではですね。きっと、それもきちんと意味のある事なのだと思います。

シチュエーション

金融系企業の社長御就任に、広告業界の常連企業様からの御依頼で御用意したアレンジメント。

使用花材

グロリオサ(赤)、フリーセア(赤)、デルフィニュウム(青)、モカラ(紫)

シュロ(葉)、ドラセナ(葉)、モンステラ(葉)

作成時に気をつけたこと

それぞれのもつ「長さ」や「色」の良さが最大限に引き出されるように、葉物などでアクセントをつけながら伸びやかさを意識しました。


*********************************************

↓ ランキングに参加中です ↓

↓ 押して頂けると励みになります! ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
*********************************************
タイトルとURLをコピーしました