同じユリを2段階に配置したスタンド花

花装飾

 

ユリのイエローウィンには相当お世話になりました。

開花調整が比較的楽で、色も明るく(産地にもよりますが)花の咲き方も上向きで詰まっているものが多かったので、アレンジ・花束共にヘビーユースさせて頂きました。

このスタンドはそんなイエローウィンを上部下部に分けて配置したものです。

ハッキリとした感じを出すために、それぞれの花材をブロック分けしています。

スプレンゲリーを垂らすことによって、少し柔らかさが足されたような気がします。

 

スポンサーリンク

シチュエーション

建設系企業様の新社屋完成に同業企業様からのお祝いスタンド花

使用花材

ユリ(黄色)、シンビジウム(2種・黄色、グリーン)、アンスリウム(グリーン)、ドラセナ・ソングオブインディア(葉)、ガイミアリーブス(葉)、アレカヤシ(葉)、ドラセナ(葉)、モンステラ(葉)、スプレンゲイリー(葉)

作成時に気をつけたこと

どっしりと男性的な印象を出すために、花の種類を散らさず、それぞれのかたまりでアレンジしました。
「花」っぽいものはユリとシンビジウムだけなので、ユリを分けて使用する事によって華やかさをアップさせました。


*********************************************

↓ ランキングに参加中です ↓

↓ 押して頂けると励みになります! ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
*********************************************
タイトルとURLをコピーしました