蝶々形のスタンド花:CDジャケットイメージで

花装飾

 

Kiroroのお二人の「”アイハベルが舞う”Tour 2018」のコンサート用に御用意したスタンド花。

直前のリクエストだったので、できる限りCDジャケットに近いお花をかき集めましたが、やはり自然のもの。

こうして見てみるとジャケットが撮影されたのはもう少し前の春ごろだったのかな、という感じです。

当時は本当に毎日がバタバタで「アイハベル?蝶の名前かな?」と思っていました。

改めて調べてみると、

デビュー当時「君たちは青虫みたいだな。さて、このあと蝶になるのか、蛾になるのか」とロゴをデザインしてくれた方に言われたことがずっと記憶にありました。私たちは蝶になれただろうか。。蛾なのだろうか。。出来る事なら蝶でありたい。沖縄の方言では、蛾も蝶も、ハーベールーと言うらしい。しかし、アイをつけると美しいという言葉になるとのこと!なので今回は「アイハベル」という名前にしました。

Kiroro 「アイハベル」スペシャルサイト 玉城千春さんの言葉

「Ai Haberu」と表現する表記も素敵だな、と思います。

スポンサーリンク

シチュエーション

Kiroroさんのコンサート用へ、イベントプロデュース会社様からの御祝スタンド花

使用花材

ギガンジウム(薄紫)、バラ(赤)、グロリオサ(赤)、トルコキキョウ八重咲き(3種、薄ピンク・薄紫・青)

ソリダコ(黄色)、モンステラ

作成時に気をつけたこと

CDジャケットに忠実になることを目指しつつ、パッと見、蝶だとわかるようにモンステラの葉でアウトラインをとったり、資材で触角を表現したりしました。


*********************************************

↓ ランキングに参加中です ↓

↓ 押して頂けると励みになります! ↓
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
*********************************************
タイトルとURLをコピーしました